東京都養蜂協会規約
直線上に配置

第1条 (名 称) 本協会は、東京都養蜂協会と称する。(以下協会という)
第2条 (目 的) 協会は、養蜂の普及振興並びにこれら協会員相互の親睦を図ることを目的とする。
第3条 (会 員)
(1)

協会は、本協会の主旨に賛同し養蜂を営むものをもって組織し、養蜂関係の業を営み、本協会の主旨に賛同する者を賛助会員とする。

(2) 本人から退会の意思表示があった場合、又は年度内に会費納入無き場合、また会の運営、名誉を傷つけた場合は協会員資格を失うものとする。
第4条 (事務所) 協会の事務所は会長宅に置く。
第5条 (事 業) 協会は第2条の目的を達成するため下記の事業を行う。
(1) 養蜂業の経営及び技術の指導
(2) 養蜂に関する講演会、講習会、研究会、その他の催しの開催
(3) その他分布調整、防疫、物品斡旋などの本協会の目的達成上必要なる事項
第6条 (役 員) 本協会に下記の役員を置く。
会長 1名、副会長 2名以内、理事 若干名、監事 若干名、事務局長 1名、会計 若干名。
第7条 (役員選任) 理事、監事は総会で選任する。会長、副会長は理事の互選とする。
第8条 (役員任期)

役員の任期は2ヵ年とする。但し再任は妨げない。補欠の為選任された役員の任期は前任者の残任期間とする。

第9条 (役員職務) 会長は本協会を代表し協会事業を総括する。副会長は会長を補佐し会長が事故等ある時にはこれを代理する。
第10条 (役員会) 会長は必要に応じて役員会を開くものとする。
第11条 (顧 問) 協会には顧問を置くことができる。 顧問は養蜂に関する学識経験者で会長がこれを推薦する。
第12条 (支 部) 協会に支部を置くことができる。
(1) 支部は区部、南多摩、北多摩、西多摩とする。
(2) 支部長は会長が選任することができる。
(3) 支部長は所管支部の斡旋品、新規加入者等をとりまとめ、事務局へ報告する。
(4) 支部長は所管支部において、養蜂に関する独自の催しを開催することが出来る。
(5) (4)の催しの開催については、事前に事務局との調整を要する。
 
第13条 (総会招集) 総会は年1回会長が召集する。会長は必要に応じ臨時に総会を召集することができる。
第14条 (総会の成立) 総会は出席者及び委任状で行い,その過半数で成立する。可否同数の時は議長の決するところによる。
第15条 (議決事項) 総会において議決する事項は下記のとおりとする。
(1) 予算並びに事業計画
(2) 決算並びに事業報告の認定
(3) 会費の賦課徴収方法
(4) 其の他必要な事項
 
第16条 (規約変更) 協会の規約の変更は総会において出席者の過半数の同意を得なければならない。
第17条 (会長専決) 役員会の決議を要する事項といえども軽微なるもの又は緊急を要するものについては、会長が専決し次の役員会にその承認を求めることとする。
第18条 (会計年度) 協会の会計は毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。
第19条 (経 費) 協会の経費は協会費、寄付金及び雑収入によって支弁する。
第20条 (入 会) 入会希望者は入会金を添えて入会申込書を提出し役員会の承認を要する。
第21条 (解 散)

本協会の解散は協会員の4分の3以上の同意を得なければならない。
又、解散したときは会長及び副会長が清算人となる。

附 則  

本規約は平成20年3月3日から適用する。
規約第1条、会の名称変更及びこれに伴う名称の変更は平成22年3月3日から摘要する。
規約第15条3項による会費徴収規定
 1.入会金          1,000円
 1.協会費          10,000円(年額)
 1.賛助会員費       10,000円(年額)
 1.群数割1群あたり    300円(年額)
 1.県外入地者の協力金 300円(1群あたり)


直線上に配置